«

»

「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その1

リコネクティブ・ヒーリング®以前StarPeopleに掲載された記事です。
昨日たまたま本棚の整理をしていて、この記事を見つけました。私自身この記事を何故か読んでいなかったので興奮気味に読みました。
最近「リコネクション」の存在を知られた方へまた、1度はセミナーに出られた方への情報になればと思い転載しました。
セミナーは限られた時間と言葉で行うので、エリック・パールの100%を伝えるのは不可能。これは、リコネクションのセミナーに限らず、どこの学校でもレッスンでも同じではないでしょうか。
その為に、もっと勉強したい!と言う方には予備校や、学習塾、習い事、自宅学習、宿題があります。
セミナーで得た宿題があったらそれがあなたの「学びのテーマ」かなと思うのです。但し、基本には忠実に!例えば、あなたがスポンジケーキを作るとします。基本のレシピが薄力粉を使うのに、あなたが強力粉を使ったら…スポンジケーキは完成しません。
と、いうことで、リコネクティブ・ヒーリング®の基本は、リコネクション®の哲学!
リコネクション®の日本での第一回セミナーは2006年。
すでに6年が経とうとしています。6年~2年前に学ばれた方で「哲学、なんだったっけ?」とお忘れになれている方もいらっしゃるのでは?
海外のセミナーでは「リテイク(再受講)」をされていらっしゃる方が結構いらっしゃいます。哲学と実技の再確認といったところでしょうか?
日本のセミナーの再開も待ち遠しいですね。
では、エリック・パールが語る「エネルギー・ヒーリングと人間の進化」をご紹介していきましょう。
Qリコネクティブ・ヒーリングと、これまでの「エネルギー・ヒーリング」との違いを教えてください。
エリック リコネクティブ・ヒーリング®は、今までのエネルギー・ヒーリングが進化した、全く新しいタイプのヒーリングです。
これまで、どんなヒーリングでもテクニックがあり、それに囚われているがため、ヒーリングの真髄を失ってしまっていました。ヒーリングを本当に熟達、マスターするにはまず、そういうテクニックを手放して、それを超越しなければならないのです。
今日普及しているエネルギー・ヒーリングは、気功、人身術、除霊などいろいろありますが、それらのエネルギーは、エネルギーの一部でしかなくて、エネルギーのスペクトルではないと思います。
例えば、小川や湖や川の水は、循環する水の一部分にすぎなくて、これらは、大きな海・海洋があってこそ存在できる。小川や河や湖は水のシステムの一部で、絶対必要なものではありますが、全体の水のシステムではありません。エネルギー・ヒーリングもスペクトルとして見た場合に、今までのエネルギー・ヒーリングがエネルギー・ヒーリング・スペクトルのほんの一部にアクセスしている方法に過ぎないことがわかります。
エネルギー・ヒーリング・スペクトルというのは、今までのヒーリングにも、さらに大きなヒーリングにもアクセスできるというだけではなくて、それより大きなエネルギー・ヒーリング・スペクトルにもアクセスできます。そして、このエネルギー・ヒーリング・スペクトルは、今までの私たちが知っている全てのエネルギー・ヒーリングと、それにプラスアルファのエネルギーシステムをも含んだもので、それがもっと拡張されて光と情報になっています。
これは何が良いとか悪いとかではなくて、何が適切かということが大切なのです。
癒しを行う場合は、その人にとってどの癒しが必要かというのを、エゴではなくてエゴから一歩引いて、観察者として観察し、観察されるものもただそこに存在し、その判断はすべて宇宙の知性に任せるのが一番適切です。だから、リコネクティブ・ヒーリング®を普遍的宇宙の知性に判断してもらう。エネルギー・ヒーリングとテクニック・ヒーリングとの違いは、リコネクティブ・ヒーリング®は一つの哲学でしかないという事です。
ですから、ここでは私たちは、単にそれはもうその一部になる、ただそこに存在する、「居る」ということによって、健康を害している人のことはすべて宇宙的知性にお任せするのです。だから、この拡張されたヒーリングのレベルいおいては、あなたがそこに在るというだけ、居るというだけ、それで100%のヒーリングが起こるので、クリスタルもいろいろなツールも要らないのです。
このヒーリングの場合に、塩やセージやクリスタルを取り入れることは、自分が宇宙に向かって完全に100%のヒーリングができないということを言っていることと同じなんです。
それに、今お話したことと同じ概念として、加護、お守りや迷信に対する恐れなどもあります。自分はそういったものが必要だということは幻想でしかないのです。幻想の中に生きていると、必然的にネガティブなことや恐れを自分に引き込んでしまう。それがまた更に次の恐れを引き込み、繰り返しずっと恐れから守るためのことをやらなくてはいけない状況を作ってしまうのです。
■関連記事■
「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その2

コメントを残す