«

»

「リコネクションとリコネクティブ・ヒーリング」 を受ける前に、これだけは知っておきたい3つのこと

みっち(稲元美智子)です。

お客様より安心してリコネクション®や、リコネクティブ・ヒーリング ®のセッションを受けるためにはどうしたらいいですか?とご質問をいただきました。

そこで、今回は、セッションを受けられる前に知っておきたい3つのことと、セミナーを検討されていらっしゃる方への情報をご紹介します。

 

IMG_7658

1.プラクティショナーのプロフィールを確認しましょう。


2014年からリコネクションLLCは資格更新制度を導入しました。免許更新されたプラクティショナーの資格は以下の通りです。*リコネクションLLCとはエリック・パールの会社です。

目次

【リコネクティブ・ヒーリング ®をお仕事でできる資格】
リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・プラクティショナー

【リコネクション®をお仕事でできる資格】
リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー

2006年から日本に入って来たリコネクティブ・ヒーリング ®ですが、2013年までは資格更新制度がありませんでした。

しかし、2014年より、正確なリコネクションと質の高いリコネクティブ・ヒーリング のセッションができるプロフェッショナルなプラクティショナーを世の中にに送り出していきたいというDr.エリック・パールの願いから、資格更新制度が導入されました。

しかし現在でも、何らかの理由で、資格更新ができておらず「認定」「公認」「レベル3」を名乗る旧プラクティショナーが存在します。

 

2.エリック・パールの方針


エリック・パール2016年1月1日よりリコネクション・サーティファイド・プラクティショナーだけが、エリック・パールが認めるリコネクション®の施術ができます。

また、リコネクティブ・ヒーリング ®は、資格更新をされていないプラクティショナーもそのままセッションを続けることはできますが、エリック・パールの認める正式なリコネクティブ・ヒーリング ®ではありません。

 

3.リコネクションを専門で提供しているサロンを選びましょう。


プラクティショナーのプロフィールを見て、リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・プラクティショナーや、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナーの肩書があっても、あとひとつ注意したいのは、そのサロンで提供しているセッションメニュー。リコネクションの創始者、エリック・パールは、プラクティショナーが、リコネクティブ・ヒーリング 以外のエネルギーヒーリングを提供することを固く禁じています。例えば、レイキ、気功、シータヒーリングなど提供しているプラクティショナーは、エリック・パールとの約束を守っていません。そのようなプラクティショナーがセッションをすると、本来のリコネクティブ・ヒーリング の効果が薄くなり、「効果なし」のセッションになります。純粋なリコネクティブ・ヒーリング を受け取るためにも、リコネクティブ・ヒーリング とリコネクションを専門に提供しているプラクティショナーを選びましょう。

10473966_10152840118652690_7401326286979746132_n

4.リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・プラクティショナー・トレーニングプログラム (RHFP)(リコネクションセミナー)に参加をご検討の方へ


7月15日~19日に「リコネクティブ・ヒーリング トレーニングプログラム」旧呼称リコネクションセミナー・レベル1&2の開催が予定されています。

リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・プラクティショナー・トレーニングプログラム(旧呼称レベル2)に参加を希望するには、エッセンシャル・リコネクティブ・ヒーリング・トレーニングプログラム(旧呼称レベル1)を修了していることと、リコネクティブ・ヒーリングを

リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・プラクティショナーから

 「対面で 1回」は受けていることが必要条件です。
遠隔ヒーリングや、旧資格のプラクティショナーからセッションを受けられた場合は、受講条件が満たされません。