«

»

でも、自分の中にもまた未知の宇宙がある。

みっちです。

みっちゃんねる2月号のVol.2をUPしました。

 

これは、9月15日にタヒチに出発する1日前に
撮影してたもの。

この日は、東京の池谷薫先生の元でドキュメン
タリーを一緒に学んでいる由美子さんに
撮影をお願いしました。

彼女は、2017年の私を大きく変える出会いを
もたらしてくれた、ソウルメイトです。

昨日は、お蔵入りになっていたその映像を
観てみようという流れになりました。

 

モニターの中の私は全くの別人でした。

編集しながら、こんな私がいたのだ、と
注意深く観察しました。


あなたは、どう、思いますか?

自分が見ても、別の人みたい。

これを観て、湧き出た欲求は、
この時(2017年9月)より、1か月前の私の
映像を観てみたいということ。

できれば、順々に遡って、過去の私の一瞬、
一瞬を観察したい

 

既に違う私になっていた8月の私。
昨年の夏は、なんとなく、夏至のころを

思い出すので、そのころには、変容が始まって
たのでしょう。

 

昔の私を知っていてそれが好きだった人は、
寂しいと
思ったでしょう。

そうとう寂しかったでしょう。

だって、自分でも、
寂しさを覚えたから。

 

8月末あたりからの身の回りに
起こった様々な変化

これは、必然だったのだと

この映像の中の私を観て確信できました。

 

「私たちは、自分の全てを知っている、
自分の全てを把握している」って
錯覚しがち。

でも…私の中にもまだ未知の
宇宙がある。

あなたの中にも、まだ未知の
宇宙がある。

 

これからも続く、自分を知っていく旅。

モニターの中の自分が、ガイドに
なってくれました。

 

ありがとう、みっち。

あなたは、私の友達です。