«

»

にゃんこのヒーリングストーリー1.モカ編

リコネクション®マタリキモカ皆さんこんにちは。今日もリコネクション&リコネクティブ・ヒーリング マタリキのブログへようこそ!

← コップの水や、生け花の花器の中の水が
大好きなモカ

今日は、うちの猫のモカのお話をします。 うちの猫と言っても、猫側からすると「私はもう稲元ではないのよ。」というハプニングが最近ありました。

きょうすけが、2日前に地区のフレに回っている時の事です。隣の家の老夫婦の家に市報を持っていきました。今その老夫婦は入院中なので、玄関先に市報を置いておこうと、「こんにちは~」と言って入った時に、「何かご用ですか?」と言わんばかりにそこに居たのが、うちのモカでした。 驚いたきょうすけ、「モカ~おまえはよそで何をしているんだ!」と言って抱き上げようとしましたが、さすがによそのお宅に上がる訳にはいかず、そのままにしておきました。

それから、「みっち!モカがお隣にいるよ!生きてて良かった!」と、モカの発見にいささか興奮しながら走って帰って来たきょうすけが、私を呼びながら言いました。
と、いうのも、最近モカが家の中でいじめられる頻度が高くなっており、ストレスでマーキングしたり、おどおど落ち着きのない生活を強いられていました。そして、モカが寒い夜でも留守がちになっていて特にきょうすけが心配していました。

猫の習性としてメス猫は家の中に縄張りをつくり、オス猫は家の敷地に縄張りを作ります。 家にいるメス猫は、オス猫に対して寛容なのに対して、血のつながりのないメス猫に対しては攻撃的です。個体差はあるのですが、最近特に、メスのキュイが、モカに対してだけ敵対心があるようでした。

ですから、家に休まる場所が無い場合、外に心地よい居場所を見つけたいと思うのは、人間だけではないのだという学びを、モカから気付かせてもらったわけです。猫は人間のように、いろいろ考えないので、居心地のよい場所を求めるのは彼らにとっては自然で当たり前。それを制限するのは飼い主である人間です。

そう言えば、モカの母親のチッチも2年前に子育てが完了したと思われる満月の夜に、家を出て行きました。チッチも同じく先住のメス猫にいじめられていましたから同じ気持ちだったに違いありません。

リコネクション®の、エリック・パールが、ライト&インフォメーションのセミナーの時に「有機体でいなさい」と言った意味がこの猫のドラマの中に要約されている気がします。

モカはじめ、うちの猫たちには、リコネクティブ・ヒーリング®をしています。ヒーリングを受けた猫たちは、リコネクティブ周波数を保持しているので、彼らにとって必要な事がおこり、必要な癒しがやって来て、常にバランスをとる状態が続きます。よって、私は彼らの事をあまり心配しません。 更に、動物、植物などは、すでに地球のグリッド(地球の経絡)と繋がっているのでリコネクション®されている状態です。 ですから、私は、モカの未来はどんなものになるんだろうと興味はありましたが、心配はしていませんでした。

しかし、お隣は夫婦で入院されているので、餌ももらえないモカが何故帰ってこないんだろう?いくら田舎とはいえ、不在のお宅の玄関の引き戸が何故少し開けられていたんだろう?という疑問は残りました。

夕べ、お隣の明かりがついている事をきょうすけが報告してきました。 「今日は雨も降ってるし、お腹がすいたら帰ってくるはずだけど、帰ってこないのをみると、きっと、老夫婦の子供たちの誰かが帰って来ていて、新しい訪問者にお恵みを与えて下さっているのだろうね。」と感謝と安堵の微笑みを浮かべていました。

安住の地を見つけたモカ。今2歳で避妊手術も済ませてあるので可愛がられて長生きすることでしょう。隣の100才のお婆ちゃんが、「長生きする事は幸せな事とは限らない」とお婆ちゃんなりの長生きの体験の学びをシェアしてくれますが、モカにとっては、ストレスで病気になって死んでしまうより、可愛がってもらって毎日を心穏やかに暮らせるほうが、よっぽど生き生きとした猫生を生きることができ、そのかわいらしさに飼い主も心癒される事でしょう。バランスを失った本人が、バランスを取り戻したとき、それは、大きなエネルギーの流れとなって、周りの人も癒されていきます。

うちにいる猫たちも、本能の縄張り競争から離脱できたのを感じたのか、安心しています。

「本能の縄張り競争」これを引き起こしたのは、飼い主である私ときょうすけ。迷い込んだり、捨てられている猫を「かわいそうだから」とか、「かわいいから」だとか自分たちのエゴから猫たちの本能を更に引き出す結果となってしまいました。

でも、人生は、愛のあらわれ。私が何をしたとしても、しなかったとしても、私は愛に値します。ですから、これで良かったし、モカを心配することを手放し、モカ自身を手放すことでヒーリング(バランスが取れること)が起こりました。

家の中がとても静か。ヒーリングされた状態はこんな感じであると体感できている静かな春の午後です。