«

»

アクシオトーナルラインとリコネクション


リコネクション®は、アクシオトーナルラインを使ったのワーク の進化形です。
Dr.エリック・パールが1993年にリコネクティブ周波数を受け取ったきっかけとなったのが、ロサンジェルスのベニスビーチで受けた「アクシオトーナルラインを使って身体の経絡と地球のグリッドラインを繋ぎ直し、星やほかの惑星ともつながることができる」というワークでした。
その時ヒーラーは、J.J.ハータックの「エノクの鍵」の3-1-7章にもそのことについて書かれているので、エリックにも読むように薦めました。
そのベニスビーチのヒーラーからワークを受けてこのようなヒーリング周波数を受け取ったのは後にも先にもエリックのみだったのですが、その後、エリックが探究を続けた末に発表したヒーリング・プログラムの中の「リコネクション®」の方法は、基本的にはこのアクシオトーナルラインを使ったワークをベースにして進化させたものです。
私達の身体にある経絡(けいらく・ツボ)は、元々地球の周りに張り巡らされていたグリッドラインに繋がっていて、そのグリッドラインは宇宙全体と繋がるようにデザインされていましたが、或る時からそれらのラインから分離させられました。
お客様が、「リコネクション®」で新しいアクシオトーナルラインを導入することは、お客様と宇宙がオンデマンド‐システムとして成立し、癒しと進化のための光と情報が絶え間なくやってくるようになります。
*オンデマンド‐システム【on-demand system】




端末装置と中央のホストコンピューターがオンラインで接続され、リアルタイム処理が行われるシステム。オンラインリアルタイムシステム。

関連記事
地球の経絡とリコネクション
エノクの鍵と地球の変動1ー0-5