«

»

ウナギとグアムと北ミサイル

みっちです。

7月25日は、マヤ歴の時間を外した日でした。
7月24日と25日は東京で仕事が入っていたのですが、延期になってしまいました。

予定が変更になることはあまりないので、これまでの経験から「この2日間は、セッション以外のことをしなければならないに違いない」と、やってくるサインに耳を傾けていました。

すると、私が東京出張の際、最近お世話になっているRさんから「みっちー、それなら、25日は山梨県へ浅川嘉富さんに会いに行こう!会いに行くんだったら、予習しとかなきゃね。」

と言って、新宿の紀伊国屋書店への行き方を教えてくれました。

「龍の巣」

2015年6月から度々私にやってくる「龍の巣」並びに「巣」のサイン。何の意味だろうと思い、いろいろ探しましたが、探している時には答えがやってこないのが宇宙の法則。

それが、何と、浅川さんの著書の中に「龍の巣」や「神の巣」という文字を見つけた時には、鳥肌が立ちました。

その「龍の巣」の所在地は、ニュージーランド。私がスピリチュアル的に覚醒した場所がニュージーランドだったのでそれにちなみ、私の屋号はMatariki (プレアデス・昴の意味)にしました。

それだけでも、何か縁があるに違いないと思い込みたいのに、更に本には、広島県の宮島はプレアデスへのポータルがある場所で、プレアデスの意識と宮島はつながっていると書かれているではありませんか。

今回の浅川さんとの対面をコーディネートしてくださったRさんは、宮島のご出身。久しぶりに、シンクロにシンクロが重なる不思議な冒険の旅に出る感覚を感じることができました。

 

ウナギの大回遊

宮崎に帰り、2巻目(青い龍の表紙)を読んでいた時に、飛び込んできたのが北朝鮮がグアムに向けてミサイルを…というニュース。

私はちょうどその時、「ウナギはレムリアとアトランティス文明の崩壊を記憶していた!」という章を読んでいました。

そこには、温帯ウナギと呼ばれる日本ウナギやヨーロッパウナギは5月から10月までの新月に同期して一斉に産卵するということと、日本の海から2000キロ離れたグアム周辺域まで回遊する習性であるということが書かれていました。

この習性について生物学者は、大陸が巨大なローラシア大陸とゴンドワナ大陸の二つに分かれていた1億年ほど前に、当時赤道に沿って地球を一周していた古環赤道海流に乗って移動していた名残ではないかと考えているようです

広島の結界

北朝鮮がグアムに向けて、核ミサイルを発射するかもしれないと聞いたとき、以前、リコネクションのカンファレンスが東京で開かれた時のことを思い出しました。

ゲストの江本勝さんは、日本の結界(エネルギーライン)に触れ、「アメリカ政府が原子爆弾を広島に落とした理由は日本の結界壊さなければ、政治的、経済的に利権を牛耳ろうと思っている人々の意識が、日本に入り込むことができなかったため」と言っておられました。

広島は、日本人の意識と、日本の土地の持つエネルギーに一番ダメージを与えられる場所だったんだそうです。

さて、ここでウナギと今回の騒ぎのつながりを想像してみたいと思います。

出典:http://s-park.wao.ne.jp/archives/965

エネルギーの流れが変わったら…

ウナギが今でもレムリア時代のDNAや記憶を持ち、レムリアの周波数を帯びていて大回遊して上記の絵のようなエネルギーの流れを作り、太平洋のエネルギーバランスをとる一部になっていると考えると、食べ物というだけのイメージから、地球の仲間的生物へとイメージがシフトします。

しかし、グアムにもしものことがあれば、海の中の結界が壊れ、エネルギーの流れが大変化します。そうすると、海の中の生態系はおろか、地球全体にダメージをあたえることになるでしょう。

ここで、宇宙のバランスの法則に目を向けたいと思います。さて、誰が潤うことになるでしょう?

例えば、食文化の面に注目します。これからも日本人がウナギを食べ続けると仮定すると、養殖ウナギ輸出量世界一の中国の業者、それに関わる、餌の業者や、運送業者、冷凍保存のための什器の会社、抗生物質などを収める薬品業者。

ここに挙げた業者のすべての人に家族があり生活をしていかなければなりません。しかし、本来の「食」とは生命維持のための手段です。それが長い月日を経て、芸術に発展してゆき、逆に産業の一部ともなって行きました。

今年の8月

2017年は、日本国内にいたこともあり、戦争の話題を聞く機会がたくさんありました。そして、戦争のことを考えました。

2010年の8月は、リコネクションのメンターとTAになるための準備で、オーストラリアのシドニーに短期の語学留学をしていました。そこで、たまたまホームステイ先としてお世話になったのがSejong Parkさん宅でした。

Sejong さんは、宮崎駿さんのお弟子さんで、何年か日本に居てアニメの勉強をしていました。そのSejongさんが、作った短編アニメは、戦争がテーマだったことを思い出したので下に、リンクを張っておきました。

Sejongさんの2番目の息子さん(当時3歳くらい)は料理が好きで私が作る料理を毎回、真剣に見ていました。その子は、私が日本に帰るとき、「I Love You」と言ってくれました。私が生まれて初めてもらった「I Love You」でした。

その子はお母さんに抱かれて、泣きながらお別れしてくれました。なのに!その子の名前を忘れてしまいました。たしか、聖書に出てくる聖者か、天使の名前だったはずなんだけど。

次に会うことができたら、改めて名前を聞かせてもらって、何か手の込んだ料理を作ってあげたいです。

お父さんは、今度は長編アニメでタイトルは「龍の鱗」という作品を作るって言ってらして原画を拝見したけれど、作品は今どのようになっているでしょうか?

もしかしたら、ここにも「龍の巣」のヒントが隠れているかもしれません。

 

関連記事

笑うことを思い出してね。大阪市サムハラ神社の神様からのメッセージ

太陽と新燃岳と私 3 祈りのタイミング

 

Birthday Boy(2004)  Sejong Park

 


リコネクティブ・ヒーリング についてはこちら

リコネクションについてはこちら