«

»

セドナで新月を迎えて

sedona
オタワを10月12日に出発し、アメリカ、アリゾナ州のセドナにやってきました。
セドナは世界中の人々を魅了して止まない聖地です。
私も6年前から行きたい行きたいとずっと思っていて、カナダ最終日に突然行くことを決定しました。
行こうか行くまいか迷っている私にカナダの友人が一言「みっち、ずっと行きたかったんだったら行った方がいいんじゃない?」と言う言葉と、お客様からのメールで「自分の時間を楽しんでくださいね♪」というメッセージ、それから友人からの「いけいけみっちゃん!!!」という3つの言葉に背中を押され、行くのを決めて急きょ飛行機のチケット、経由地のフェニックスでの滞在場所、セドナまでの移動方法、セドナでのホテルなどの手配を様々な方の協力で実現する事が出来ました。
この事ができるために協力してくださった方の事や、勇気をもってこれた自分に感謝の思いが高まってセドナのレッドロック(赤岩)を見た時は思わず泣いてしまいました。
私が躊躇していた理由はただ一つ、杖をついて独りで行動しているので、重い荷物や移動を考えるとなかなか踏み切れなかったんです。しかしそれは、自分をジャッジし、自由とは裏腹の自分の行動を制限する理由を探していたのかもしれません。
でも、良かった!こうして来ることができたお陰で、静かな山々を私が見つめ、山々も私を見ています。
私も優しく穏やかな気持ちで過ごすことができている事に感謝を覚えながら夕方を迎えました。
夕方からは、セドナに住む新しくお友達になって頂いたお宅に御呼ばれして笑顔のこぼれる夜を過ごすことができました。
そして、夕べは新月!天の川や星々のきらめきを私たちにプレゼントしてくれました。
東の空にマタリキ(昴)も見つけることができましたよ。
朝方には、パートナーのきょうすけとスカイプでお話して「楽しい?」って聞かれたので素直に「楽しいよ。ありがとうきょうすけ!沢山アイディアが湧いてくるよ。」と笑顔で感謝を伝えることが出来ました。
今回の新月は、今回の私の旅行のテーマでもある「新しい出会い」にフォーカスし、「最高の私の状態」に引き寄せられる新しい「ご縁」に感謝したのでした。
さて、いよいよ明日は、ロサンジェルスに入ります。
どんな「出会い」が待っているのでしょうか…