«

»

ソロモンスピークスのフレッドからメールが届きました♪

 ソロモン スピークス

みっちです。
いつもマタリキのブログへ来ていただきありがとうございます。

6月29日にハリウッドのユニバーサルヒルトンで行われた、ソロモンスピークスワークショップに行って来ました♪

セミナー会場は、私が2010年にメンターのトレーニングを受けたところ

今回の旅は初心に帰ることがやって来るのでは~と感じていたら本当にそれがやって来ました。そのことについては、追ってブログでUPしていきますね。

ソロモンスピークスの会場へはオレンジカウンティーのアナハイムヒルズから友人3人と行きました。
2人はヒーラー1人はシャーマンという顔ぶれ。ドライブ中はそのうち2人が再来週イタリアに旅行するというので、その話でもちきり。とても楽しそうです。私のコンパクトな旅のパッキン術も披露しながら、土曜日だったので、高速道路がすいていて思ったよりも早く現地に着きました。

現地では、昨年のニューポートビーチセミナーでお会いした参加者の方々に「みちこ、元気?また会えてうれしいわ!」と多くの方々に声をかけられ、私の事を覚えていてくださったことに嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

その中の参加者から、現地の日本人の友人に日本語のリコネクションの本をプレゼントしたいんだけど、どうやって手に入る?なんて、積極的な質問を頂いて。
早速、手配して差し上げました。
Dr.エリック・パールの秘書のダイアナに、キンドル日本版の出版をリクエストしているんですが、出版は新しいリコネクション®の本の再販の後でしょうね…ちなみに、英語版は、キンドルで購入できます。

そして、いよいよ本番。
何故、エリックがカイロプラクターの道を捨てて、リコネクション®を伝道して行くようになったのか?その立役者となったフレッドと一緒にステージに立ったエリック。

そして、フレッドが発言する度に頭のおでこに圧力がかかった感じで。

いよいよ、会場からの質問にフレッドがチャネリングをし始めると、眠気が。

宇宙の存在のチャネリング本、例えば、プレアデスかく語りきや、リサロイヤル、ソロモンスピークスもそう、これらの本は眠くなるんです。周波数がそうさせるのでしょうか?

隣にいた人たちも口々に目を開けておくのが精いっぱいだったって。

私は今回、この会場に来た目的はただ一つ、リコネクション®とソロモンの周波数に浸りたかったから。だから、言葉はわからなくても、十分堪能できました。
周波数は、非言語コミニュケーションです。リコネクティブ・ヒーリング®もそうですよね。
セッション中は一切言葉は使わない。でも、聞こえてくる、何か!そして、変わる、何か!

イベントが終わり、帰りの車の中、それぞれがそれぞれに感じたことを言っていました。それがまた聞いてて楽しかった。
私はだまってそれを聞いていました。

そして、日本に帰る日、乗継のシアトルの飛行場のラウンジで、フレッドからの感謝状メールを受け取りました。

彼は私のメールアドレスを知るはずもないので、リコネクションのオフィスの誰からか聞いて送ってくれたのでしょう。

ありがとう、フレッド。
あなたがいたから、私が今ここに存在できています。