«

»

リコネクションヲタと速読教室とエノクの鍵

エノクの鍵
こんばんは。今日もリコネクション®&リコネクティブ・ヒーリング®マタリキのブログへようこそ!

先日は、満月の月を雲の切れ間に探しながら、都城市の秋の恒例イベントとなった、ぼんぱくの速読教室へ行って来ました。速読は3年ほど前から気になっていて速読のやり方の本を買って読んだりしていましたが、指導者がいないとできないなと諦めていたところ、ぼんぱくの冊子でイベントを知り参加しました。

そもそも、速読に興味を持ったのは、リコネクション®本部が薦める本の数々を何度もリピートして読みたいから。できればエリック・パールの書いたリコネクション®の本は、エリック曰く3回読めばいいと言っているけれど、私は1週間に3回、いや、願わくば1日3回読みたい。そう思っています。本の内容って読んでも忘れていたり、1回目に読んだときと2回目読んだときは理解度が増していたりして全然違う本を読んでいるように感じる時もあります。

ですから、リコネクション®への理解を深めるために、究極のリコネクション®ヲタになれるように、引き続き、トレーニングに通おうかと思案中です。

ところで、速読のコツの第一歩としてブロック読み、それが出来たら、頭の中で文字を読まずに視覚だけで文字を捉え、頭の中の読み声が消えたらぐっと文字数が稼げると先生がおっしゃっておりました。その言葉で、ピンと来たのが、エノクの鍵の表紙に書かれている「YHWH」と言う言葉。

これは、ヤハゥエと読みますが、私はこれを読めない時は「YHWH」と視覚だけで捉えて、意味をリンク付けしていました。

先生が、頭の中から読み声が消えると本を読むときの世界が変わるとおっしゃっていましたが、これはリコネクション®や、リコネクティブ・ヒーリング®のセッション時と似ているなと思いました。私の場合、セッション時は、頭からしゃべり声が無くなるんです。ディーパックチョプラの言う、「思考と思考のギャップ」に入るわけですがそれがセッション中、約30分程続くんですね。

リコネクティブ・ヒーリング®は「聴く事」が大事なわけですが、速読の先生が教えて下さって心に響いた言葉は、『「読むこと」はコミニュケーション能力、なぜなら書き手が何を言いたいかを「聴くまたは聞く」ことだから』とおっしゃっていた事。

リコネクション®のメンターはリコネクション®または、リコネクティブ・ヒーリング®の哲学で毎日を過ごし、リコネクティブ・ヒーリング®やリコネクション®とはを経験則を交えて公的に語れる唯一の立場です。

リコネクティブ・ヒーリング®とリコネクション®を伝えていくために読むこと=聴く事大切に捉えて行きます!