«

»

リコネクション後に始まる変化を もらさずキャッチする、方法とは

みっち、1か月ぶりに東京へ行く。

Feb,25,2018

土曜日の夕方、品川から羽田に向かう電車の中
の人々はとても疲れた目をしていた。他人に気
遣う余裕も無く、よどんだ空気から必死に自分を
守るバリアを張り巡らせているようだった。

私は、その日、元気だった。
気の合う仲間との総会に出席し今年の目標を定めた。

旅立ちはフリージア


その前の晩は、音楽で直観がやってくる友人と
「予祝」した。
彼女はその席にフリージアを用意してくれていた。
手作りのピザも焼いてくれた。
会話を大いに楽しんだ。音楽も楽しんだ。

私は彼女の心がこもった詩的な演出に
幸せをたくさん感じさせていただいた。

その証拠に翌日は二日酔いではなかった。

幸せを感じていると横隔膜がリラックスする。
心と身体が程よく緩むと、肝臓がネジレない。

人はびくびくしていると横隔膜が固くなり呼吸も
浅くなる。結果、脳や細胞に十分な酸素が届かず
不定愁訴が現れてくる。

身体は正直なのである。

つり革につかまり、約22分の電車の旅。横に
流れる景色をぼんやり眺めながら、程なく
羽田空港の国内線ターミナル駅に到着した。

昨日の私は、改札へ向かう人々を「笑顔になって帰
って
来るんだよ」と優しい気持ちで見送れた。

飛行機は最前列窓側の席、を与えてもらった。
神様は、何も言わなくても、みっちの一番好きな
場所を知っていた。

 

直観は、知識を超越する。

われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまう。 二コラ・テスラ

直観に従い、シンクロの波に乗る

朝、ウグイスの声で目が覚めた!
春が来たのだ。

Matarikiのサロンに行ってベランダから
空を見上げると、ツバメが飛んでいた。
夏が来るのだ。

季節の移り変わりを目撃して
私は鳥肌が立った。

私は季節を感じているのだ。

Arancio Orange

今年に入って、動画を頻繁に作るようになってから
シンクロが増えた。シンクロはシンクロを、呼ぶ。

3日前から、エリックの書いた、リコネクション
の本が頭の中にちらついていた。
出張に持って行くには重いので家に帰ってから
読もうと決めていた。

さっき、ぱらっとめくったページに目が釘付けに
なった。
それは、20章の多段階的、相互的、動的フィード
バックシステムについて書かれてある項だ。

私は12年前にこれを読んだときは意味が解らず、
東京でのセミナーが終わったとき、エリックを
ひっ捕まえて、「これはどういう意味ですか?」
と、聞いた。

しつこく聞いた。

エリックは困った顔になり、
最後は逆切れっぽくなっていたけれど
私は彼を信頼していたから、しつこく聞いた。

聞いたけど言っている意味が解らなかった。
感覚的なことだから、今考えると
わからなくて当然の事である。

しかし、12年後の今、意味が分かるように
なっていた。

感覚的なものを育てるには一瞬でもできるが
だいたいが、各個人の持つ、古い信念体系が
邪魔をする。

正月に引いたおみくじ

「正直でないと災いがおこる」

今年の正月、3回引いたおみくじ全てに
似たような文言が書いてあった。
正直であるという事は、
「子どものように無邪気でいること」
だと、理解している。

リコネクション後に始まる変化を もらさず
キャッチする、方法とは

私の経験から言うと、基本的五感を超えた感覚の
中へ入ることを
自分に許可することだ。

それを自分に許していくと、あなたは自分の心に
嘘をつかなくなってくる。

そうすると、あなたに必要な情報はあなたにとっ
ての
ゴールデンタイムにオンエアーされることに
なる。

「録画もいいけど、どうせならリアルタイムで
観たいでしょ?」

宇宙は周波数を自在に変えて
あなたの幸せをプレゼンしてくるのだ。

 


ご予約・お問い合わせ 

リコネクション&リコネクティブヒーリング専門サロン
マタリキ  江藤美智子
事務所:宮崎県都城市高崎町縄瀬1675
サロン:宮崎県都城市高木町(都城インター近く)
詳しい場所はご予約後にご案内いたします。

メールアドレス 489@@matariki.jp ←@を1つ消して送ってください。
携帯 090-3071-0995(9時~20時受付)

お申し込み要項

以下の内容をご記入の上、上記のメールアドレスにお送りください。
1.お名前(ふりがな)
2.ご住所
3.お電話番号
4.ご希望セッション名
5.セッション希望日
6.セッション希望時間 第一希望時間~第三希望時間
7.セッション希望場所

☆セッション中は電話に出る事ができません。
お申し込みは、メールをお薦めします。