«

»

リコネクション|エリックの記事~アネモネより~3

michikoinamoto
リコネクションのエリックパールもインタビュー記事~アネモネより~2
意識が5次元に拡大するとDNAが再構築される

Q それはいわゆる「アセンション」のことですか?

実は記憶は宇宙のエネルギーの場、大いなる知性の場に貯蓄されていて、脳はそこにアクセスしているだけ

エリック:アセンションについては、「天国に上る事」や「意識の拡大」など、人によってさまざまな解釈があります。
また、多くの人は私たちが住んでいるのは3次元だと思っていますが、実は今の科学が認めているように、この世は縦・横・奥行・時間を持つ4次元の世界です。
さらに、潜在意識は時間の制約がない5次元の世界です。そこでは直線的な時間軸ではなく、過去・現在・未来が同時に起こっています。このことは、私たちが多次元に存在していることを認識するのに役立ちます。
ですので、過去生を読める」という名刺を作っている人は、名刺を作り直す必要がありますね。(笑)
5次元レベルになるとそれ以上の6次元や23次元など次元というのはあり得ません。私たちの意識のキャパシティが、5次元に向けて拡大すると、それによってDNAが再構築されます。
この関係はコンピュータソフトウェアに例えられます。
様々な記憶はこれまで脳に記憶されていると思われていましたが、実は宇宙のエネルギーの場、大いなる知性の場に貯蓄されていて、脳がそこにアクセスしているだけだということもわかってきています。
そこで、ここのパソコン(脳)に新しいソフト(周波)数をインストールすることによってパソコンの機能が高まり(DNAの再構築)、より多くの多次元情報にアクセスできるようになるということです。
恐れが幻想にすぎないことに気づくこと

 


Q.つまり、リコネクティブ・ヒーリングは、多次元にアクセスするための新しいソフトのインストールだと?

 


エリック:そうです。私たちのボディのソフトウェアをアップグレードするものです。キャパシティが広がることによって、エネルギーの働きを超えたフォトン(光子)の光と情報がもたらされる。それが包括的に行われるのがリコネクティブ・ヒーリングです。

 


Q.その際に障害になるのがエゴ?
そのとおりです。本来、自我は、多次元との交流のバランスを取るためにあるものです。自我があるからこそ最高の自分になれる。しかし問題は、水や栄養と同じように”多過ぎる”ことです。

 

Q.ご著書の中で体内にシリコンを入れたリュウマチ患者にヒーリングが起きなかったと書かれていますが、何がヒーリングを妨げたのですか?

 

シリコンそのものが新しい周波数との同調を妨げたのではありません。その患者たちはシリコンの製造会社に対して訴訟を起こしていたために、体調が良くならないことを望んでいたのです。
ここで学ばなければいけないのは、私たちが成長するために、「恐れ」に立ち向かうということです。勇敢な人というのは、恐れがあってもそれに立ち向かう人のことを指します。しっかりと恐れが何かを認識した上でそれを乗り越える。すると、恐れが幻想に過ぎなかったことに気づきます。長い間、ヒーリングの世界でも恐れに基づいた儀式が執り行われてきました。例えば、霊を遠ざけるためのグッズにしても、何か悪いものから自分を守るという恐れに基づいている。しかし、私たちはもうその段階を超える必要があるのです。
■関連記事■
リコネクション|エリックの記事~アネモネより~1
リコネクション|エリックの記事~アネモネより~2