«

»

リコネクション®セミナーオランダ編 その1.旅の始まり

michiko ianamoto
今回のリコネクション®アムステルダム・セミナーは、6月7日~12日に渡って開催されました。
それに参加するために、ヨーロッパへ向かったのが、5月27日。セミナーまでの9日間は、スペインのバルセロナに住んでいる幼馴染のお家へ遊びに行きました。セミナーが終わった後は、オランダ人TAで、プラクティショナーメンタリングプログラムで同期のマリアン宅へ滞在させて頂き、19日に大阪へ着き台風の為、20日に自宅へ着きました。
25日間の旅でしたが、旅の準備と旅の締めくくりの片づけまで入れると今回は2か月間、それについて考えていました。
今回は、リコネクション®セミナーオランダ編と題し、今回の旅に関する事での気づきや、感謝した事、嬉しかったこと、びっくりした事などなど、綴って行こうと考えています。
1回目の今日は「旅の始まり」。
まず、リコネクション®のセミナーにTAとして参加するには、年の初めキャスティングマネージャー(呼び方がわからないので勝手に役職をつけてます^^;)に上半期1月~6月までのセミナー会場のうち、行きたい国を数か所ノミネートします。
それから、約1か月後、キャスティングマネージャーから「美智子はどこどこに行ってください」と通知が来ます。
今回の上半期はアムステルダムが決まりました。
せっかくヨーロッパに行くのなら、幼馴染の友達と子供たちに会いたい!と思ってオープンジョーのチケットを取りました。
行きは、宮崎→成田→アムステルダム→バルセロナ
帰りは、アムステルダム→関空→宮崎です。
今回、利用した航空会社はKLM。ここのキャビンアテンダントの方々が涙が出るくらい親切で、とても快適でした。
バルセロナ→アムステルダムは、オランダのアムステルダム空港(スキポール空港)とロッテルダム空港を拠点に、ヨーロッパ各都市に就航していてリゾート型格安航空会社LCCのトランサヴィア航空で移動しました。料金は2時間の国際フライトなのに、荷物込の6000円弱で、飛行機も新しくて、サービスも良くて快適でしたよ!
こんな快適な旅になったのには、実はちょっとした理由があって。。。
と言うのが、キャスティングマネージャーからオランダ行きのメールが来た時に、「飛行機のチケットを早々取らないように、取る時には私に連絡してください」という内容のメールを貰ったんです。
そのメールに返信した私のコメントは、「???何をおっしゃるのですか!チケットは、早く取らないと値段が上がってしまうから心配です。」と言う内容。
それに対しての返事は「宇宙が良いチケットを手配してくれるはずだから心配しないで…」でした。
これまでの私だったら、「今までの経験値」を重視し、キャスティングマネージャーのいう事なんか聞かなかったけれど、今回はなぜか「その言葉に従って行動する実験をしてみよう」と思いました。
そして、「今、チケットを取るタイミングよ!」というサインが来るのをアンテナをフルに立てて待っていました。
そうしていたら、来たんです!サインが!
サインをくれたのは、スペインにいる幼馴染の友人でした。
彼女からもらったメールの内容は「美智子、チケットまだ?と、取るならKLMね。」
結果、出発2か月前に見ていたレートとサインが来た時のレートを比べたら、6万円も安いチケットが取れたのでした。
何てことでしよう!
そしてその時確信したんです、今回の旅のテーマは、「準備をしていなければ、うまく行かないなどの思い込み的な、恐れを手放す」「バランスとは何かを考える」「人のいう事を「はい」と聞いてみる」この3つだなって。
と、こんな感じで「楽々♪」な旅の始まりがスタートしたのでした。

コメントを残す