リコネクティブヒーリング®とアセンション

Dr.エリックパールが語る、アセンション

World Therpyより

リコネクティブヒーリング®とアセンションの関係

Q リコネクティブヒーリング®のエネルギーは新しい周波数のエネルギーと言われており、この周波数の広がりをアセンションと関連づけて考える人もいるようですが…

A  「確かに(アセンションとの)関係はあります。ちょうど、リコネクティブヒーリング®の周波数が現れた時期(1993年)は非常にいいタイミングでした。 多くの人が1987年から2012年までの時期を時間そのものがシフトする時期ととらえています。
いわゆるマヤ暦では2012年で暦が止まっていてそれ以降は見えていないため、それを「世界の終り」と考える人も多くいます。実際に世界が終わることはないでしょうが、「私たちが知っている世界」の終りであるかもしれません。かつて人々は2012年以降が読めなかったのです。
読めなかった理由は、それ以降、人類たちは5次元的存在へ進化するからです。」

Qエリックさんのいう5次元的存在とは何でしょうか?そしてそれはリコネクティブヒーリング®とどのように関係してくるのでしょうか?

 「僕らは、『人間は3次元的存在である』と教えられてきました。アインシュタインは前世紀の最初に『人間は4次元的存在である』と主張していましたが、実際にそのことをみんなが理解するのは2000年を過ぎてからです。  3次元とは縦・横・奥行きの立体空間で、4次元ではそこに時間が加わるということは知っていますね?その4時限目を探すのに時間がかかった理由は、時間という側面は目に見えないからです。そして、今、ようやく『人間とは4次元的な存在なんだ』と僕らが気づき始めたところで、今度は5次元へのシフトがはじまっています。5次元的な存在になると、私たちと宇宙のほかの存在との間で多次元的なコミニュケーションが可能になってくるでしょう。とはいえ、2012年に突然目覚めたり、あるいは透明人間になったりとかそういうことはありません。そのような時間のシフトは宇宙にゲートが開くようなものであり、そのおかげで人類はリコネクティブヒーリング®のエネルギーに初めてアクセスできるようになりました。
またその逆に、リコネクティブヒーリング®のおかげで私たちは時間のシフトにアクセスできるのだとも言えます。」

Q宇宙の他の存在…それは俗にいう宇宙人のことなのでしょうか?

 「宇宙のどこかに存在する知性は、今この時期の人類に次の段階の進化が起きるということを知っていたという感じがします。全ての人が急速な変化を体験しているわけではありませんが、最終的には全ての人がわかるはずです。
たとえば、この今という時代には『ヒーリングを行う』のではなく、『ヒーリングそのものになる』ことが可能です。そして、それによって僕らはテクニックを超越して、マスター性(マスターとしての状態)に達することができます。」

Q このリコネクティブ・ヒーリング®の広まりが宇宙的計画としてのアセンションの一部だとすれば、近い将来、人類全体がその周波数のエネルギーを使えるようになる日がやってくるのでしょうか?

 はい。ある臨界点に達するとそうなります。今、ドアが開いて新しい周波数が入ってくるようになった段階であり、このワークにひかれている人々は、地球に新しい情報が入ってくるための道しるべとしてたいまつを掲げる役目をしています。しかし、人類がこのエネルギーにもっと気付き始めると、
わざわざ教える必要は無くなるでしょう。たとえば、劇場や飛行機で隣り合った人からこのエネルギーを得ることができるのです。さらにある時点でこれは全ての人の人生の生来の能力になると思います。