«

»

リコネクティブ・ヒーリングセミナーレベル1&2体験談

リコネクション®セミナー
アメリカ・カリフォルニアのニューポートビーチで行われたリコネクティブ・ヒーリング®レベル1&2セミナーの体験談を現地参加者のAikoさんよりお寄せいただきました。
リコネクティブ・ヒーリング®リコネクション®ができるようになる為のセミナーにご興味があられる方のご参考になれば幸いです。
セミナー情報はこちら


美智子様、

お元気ですか。今回のセミナーの収穫は美智子さんを含め、多くのすばらしい方々とお会いできた事に心より感謝しております。
第一日目のセミナーの印象は少しビジネスライクで物足りない思いでした。
霊気のセミナーなどで行う、手のひらの活性化やシンボルの挿入、セレモニー等を期待していたためだと思いますが、二日目のセミナーでその理由が良く分かりました。エリックの意図は、その類のセミナーはあまりスピリチュアルを表に出してメインストリームの人々(私を含めサイキックの才能のない人々)に疎遠になってしまうため、バランスを取っていた事と、更には彼のワークリコネクティブ・ヒーリング®(Reconnective Healing)が科学的に証明できることの強さを彼自身が認知していた事だと思います。

過去に色々なセミナーに参加しましたが、最終的にはサイキックの才能(特にClairvoyance)の発達がないと、コースを完全に習得できないというもどかしさがいつも残ってしまいました。でも、今回のセミナーは当初期待はずれだと思っていたのが、逆に五重丸もらった気持ちで大変嬉しく思っています。
2000年にエリックの本を読み、アクシト-ナルラインのことがいつも気になっておりました。今回リコネクション®のセッションにて美智子さんにラインを繋げてもらい感謝、又感謝の念で絶えません。これは一生に一度の経験ですから、費用は最小限だと思います。
一人でも多くの方々がラインを繋げたら、将来Tipping Point(地球上の51%の人々がラインとコネクトしたら)に達したら残りの49%は自動的にアクシトーナルラインに繋がるのでしょうね。そういう意味で美智子さんはライトワーカーとしてとても重要なお仕事をなさっていると思います。頑張ってくださいね。陰ながら応援しています。
以前Patricia Diane Cota-Roblesの本(Who Am I? Why Am I here?)を読み、
「昔私達が光の柱でユニバースと繋がっていたのが、現在ではシルバーコードとよばれる小さなチューブに萎縮してしまい、生きる最小限のエネルギーしか宇宙の源から受け取っていない」
という事を知りとても悲しく思いました。いろいろとセミナーをあたって見ましたが、しっくりいかないものばかりでした。ひょんなことから、エリックのセミナーが近くにやってくることを知り”これだ!”と思い登録した次第です。
それから、エリックの言ったフレーズが胸に残っています。Follow your instinct not intuition. スピリチュアルセミナーのほとんどがIntuitionを強調するのに反して、エリックが堂々とInstinctを説いているのにビックリしました。森の中で熊に遭遇した時の事を例に取り上げていましたが、まさにそのとうりですね。
一週間後の日曜日の朝、主人が通風の痛みでベットから起きれないというので、セミナー後はじめてのヒーリングを主人に施しました。普段、通風のオンセットがあると、一週間くらいは杖のお世話になる人が、ナントびっくり、杖なしで即座に歩けるようになりました。完全に痛みは取れなかったようですが、杖なしで歩けるのは奇跡的というしかありません。とにかく、一日、一日と変化が起こっています。
※Clairvoyance 
千里眼
Tipping Point 転換点
Intuition 直感
Instinct 本能
Follow your instinct not intuition 直感ではなく本能に従う
■関連記事■
リコネクション体験談 アメリカ在住 Aikoさん