«

»

乙女座満月をキャッチする最高の方法とは

1:46 02/20/2019


みっちです。
上の動画は、宮崎の青島に映る
満月一歩手前の月。

水面に移る光の道が潮騒と共に
、春に向かう静かな夜です。

今日の都城は大雨でした。
夕方から晴れ間が広がって、も
うすぐ70年ぶりに大接近となる

乙女座の超スーパームーンを見
れるタイミングとなりました。


身体と心を満月にシンクロさせてみる
満月の時には、地球と月が最大に
引き合う力が働いていますから、
身体や心にも変化があります。

例えば、イライラしたり、悲しく
なって泣きたくなったり。そんな
時は、私は耳を澄まします。新月
や満月の夜っていつもより世間が
静か。
晴れていたら、夜空を見上
げて満月の月明かりをじっと見つ
めます。


そして、五感をフルに研ぎ澄まし
て身体と心で月を感じます。そう
すると、いつもと違う内臓の動き
や、筋肉のゆるみやこわばり、心
臓の鼓動、呼気や吸気のリズム、
思考の変化に気づいてきます。


更にそれを観察していくと、第六
感のインスピレーションが湧いて
きます。

インスピレーションが湧いてきた
ら、その時に再度身体の動きに注
意をむけます。その時に動く身体
の中心のエネルギーの流れに集中
してみましょう。


そう、そのエネルギーの流れが第
七感。

宇宙と、身体の経絡がつながる第
八チャクラを感じている時であり、
身体の中心を流れる感覚そのもの
でもあります。

この第七感こそが、問題解決の情
報を持っているのです。

自分自身とつながっていくこととは
身体の中心・体の土台を感じる一番
簡単な方法は、頭→首→脊柱→骨盤
→仙骨→尾骨を意識的にじっくり感
じていきます。そのあとその周りの
内筋を感じます。それを感じながら、
身体の中心部分のどこかに痛みがあ
ったり、違和感があったら、心の中
でその部分に話しかけてみましょう。

話しかけてすぐにイメージや声がや
ってくる場合もあるし、イメージが
わかないときもあります。そんな時
は焦らずに、自分の呼吸をその土台
にしみこませる感覚を楽しんでみま
しょう。

身体の土台の声は、今の生活~人間
関係、経済状態、健康状態の土台と
も比例します。


今の生活で変えたいことはありますか?
痛みがある場合、その痛みはいつ感
じるのか?どういう場面で痛むのか
を思い出してみましょう。その場面
であなたは怒りを感じていませんか?

あなたは何故、何に対して怒っている
のでしょうか?
一日中痛みを感じているのなら、一日
のうちで痛みが強いのはいつか、身体
が動かなくなるのはいつかを思い出し
てみます。

怒りは塊となり、身体のエネルギーの
流れの弱い人は、筋肉や関節を固く凍
らせます。内臓や脳が固まる人もいる
でしょう。経済のエネルギーの流れが
弱い人は銀行口座が凍り、人間関係の
エネルギーが弱い人は、人間関係を凍
らせます。


本音を吐き出してみましょう。
本音は、口癖や、呪文のように繰り返
し頭の中にやって来ます。その本音に
真剣に向き合っていきましょう。日頃、
愚痴という本音を言っているくせに、
それを無視するから、次第に自分の弱
いところが固まっていくのです。


固まりに気づいたら…
まず、痛みを作った原因の環境からき
っぱり離れていきましょう。離れるこ
とができたら、長年をかけて固めた塊
をほぐしていきましょう。痛みの原因
がわかると、リセットがかかり、凍っ
た人生の部分が解凍し始めます。そし
て、こころが正直になればなるほど、
自己改革は加速していきます。


自分の中心を感じて自己改革を行う乙
女座満月のワークをご紹介しましたが、
リコネクションを受けた人は、年末ぐ
らいから身体の変化を感じているはず
です。なぜなら、リコネクション後は、
物理的な宇宙の動きに同調するのでは
なく、多次元宇宙と同調することによ
って物理的天空図の影響で起こってく
るはずの変化が、前倒しでやって来る
傾向があります。宇宙と直結している
わけですから、願う前に、オートマチ
ックに、「宇宙がプロデュースした理
想の現実」がやってくるのです。

例えば…私はそれに乗って3か月ほど
前から体質改善をスタートさせました。
そして、喫煙は、昨年の8月から全く
吸いたくなくなり、煙草を吸うのに使
う時間がもったいないとさえ思うよう
になりました。別に私は禁煙したかっ
たわけではありません。

自分自身に意識を向け、そして意図する
このように、自分の中心がわかってく
ると無理をしなくなり、これまで無意
識に行っていた行動の癖に気づくよう
になります。


現実に目を向け、自分がどうありたい
か確認しましょう。そして、自分はど
う生きていきたいのかがわかったら、
はっきりと「今の自分の居場所」が確
認できますから、その空間に感謝をし
ましょう。そして、100%の自分をハ
グしてあげましょう。


いつもありがとう。

Love,
Michiko

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。