対談 / 松雪泰子 Sundari編

松雪泰子さんとリコネクション®~Sundari Vol.4編~

5wu0xpwm_400x400

Dr.エリック・パール お互いをヒーリングしあって、人類が癒された反映として地球や自然が癒されると思います


松雪さんがリコネクティブ・ヒーリング®を受けようと思ったきっかけは?

松雪 もともと感受性が鋭かったんですれど、27歳くらいのときに心身のバランスをとるのが難しくなって、レイキや瞑想などいろんなヒーリングにいっていたんです。でも何をやっても何か違うと思っていました。「~せばならない」というようなことではなくてもっとシンプルなはずだと。
その頃エリックのリコネクション®を知り、本を読んで感動して。ここ何年か思っていたことにとてもリンクしたんです。
シンプルになりたい、と思っていたタイミングでちょうど出会ったんですね。子供の頃からシャイで、常にガードをしていましたが、「リコネクション®」と出会ってから怖れがなくなりました。光と愛を感じたんですね。
今までは瞑想やヨガなど自分に厳しくいろいろやっていたのですが、何もしなくても大丈夫という安心感を得ました

松雪泰子マタリキエリック 人の感情の)すべては、「怖れ、欠乏、制限」の闇であるか、「愛、豊かさ、富」の光どちらかです。

でも闇は存在しません。ただ、光があたっていないだけなのです。怖れも存在しません。愛がないというのは幻想なのです。
愛が(自分に)入ってくると怖れが無いことに気づくでしょう。人は愛が無いという幻想に生きることもできるし、ある朝、自分自身が愛だったのだと気づくこともできる。それに気づいたらプロテクションはもう必要ないのですが、それこそがヒーリングなのです。
愛、人間としての進化の状態と再びつながる、リコネクションするということです。

 

 

Dr.エリック・パールさんは、肉体的にダメージを受けた人たちが回復していくのを見て気づかれたわけですが、心の状態も改善するのですね?

エリック ヒーリングは肉体レベルに限りません。従来は症状に焦点をあてていたので(ヒーリングに)制限がかかっていました。でも宇宙レベルの意識まで拡大していくと、症状にフォーカスしたから症状がなくなるわけではないことに気づきます。
宇宙がその人全体のバランスを整えたから症状が治ったのです。その完全性を持ってヒーリングをするのが私の使命だと思っています。
人生の使命に気づくことができた人は幸せです。さらに幸せなのは使命を実行することです。

松雪 私は使命というのはずっと分からなかったんですが、俳優として見てまれる人に役に立ちたい思いは強いですね。
ただ、俳優である前に人間でありたいという思いはあります。俳優として表現していくのはもちろんですが、人間としての「生き方」が大切です。俳優という仕事で役に向き合うことは、必然的に「生きる」ということに向き合わされる。感情を深く掘り下げる行為が
スピリチュアルと言われる領域に通じているようにも思います。でもシャイだったりして自分の中で制限があったんです。
もっとオープンならいろんなことを表現できるかもしれないって思ったときに、エリックさんの本を読んで感動して。
そしてリコネクティブ・ヒーリング ®を受けて本当にいいものだと思ったんです。(この対談で)多くの人にこのヒーリングを伝える手がかりになればいいなと思います。

エリック 観客は松雪さんが演じる人生を自分の人生でも体験してみようと思うでしょう。あなたの演技によって観客は癒されるのです。
だから私のように手をかざさなくてもヒーラーなのです。舞台から送っているヒーリングは松雪さんの本質から発しています。
どんな人でもそれぞれのやり方ですでにヒーラーなのです。松雪さんや私が行っているヒーリングをすることは、平和や環境問題の改善にもつながります。お互いをヒーリングしあって、人類が癒されれば、私たちの思考や決断も良くなります。地球の状態は人類の状態を反映しています。地球を支配している種は人間です。他の全てのの種は人間がどうするか見守っているのです。

 

■関連記事■


芸能マネージャーだった時と同じ感覚

対談 / 松雪泰子 Trinity編