«

»

秋分の日が過ぎて…

ストックホルム秋昼夜の長さのバランスで考えたら、宇宙の元旦は春分の日。 半年後の秋分の日は折り返し地点。
こんな時、海外にいると日本の習慣の素晴らしさが身に沁みます。
だって、海外のカレンダーには秋分の日の記載がないんですもの。
私にとって、ここからの半年間は、再スタートのための期間ととらえています。
これまでの常識にとらわれず、ゼロ思考で新たな気持ちでチャレンジしたいですね。
と、言うのも、昨日スゥエーデンの友人の実家に寄せて頂いたのですが、そこで見たものは!
何と!朝顔とスイートピーが一緒に咲いている風景でした。しかも、木々は黄色く葉を落として、冬に向かっているのに!!!
日本にいると、スイートピーは春の花。
朝顔は夏の花。
どんぐりは、秋に見かける。
など、小さい頃から見慣れている常識で発想してしまいますが、
ストックホルムでは、8月~9月に鑑賞できるんです。
  
このように、日本で身に着いた習慣で物をとらえると、ととんでもない事に
なってしまう海外にいるのですから、私にとっては、刷り込まれた常識を取り払う良い機会かも…
外国に行くとその国その国で、いつもの私と立ち位置が違うのをを感じます。
それから、英語だとYES か NOかをはっきりさせなければいけないので、それを言うのもやっと慣れました。
外国にいると、かなり人格が変わる私です。
英語をしゃべっている時は、たまに私は2重人格かもと思う時があります。
だって、日本的思考では、言葉を組み立てようとおもってもなかなか通じないし、厄介。
ですから、単刀直入に近い形で表現せざるを得ず、超、シンプル思考になった私はちょっと変な感じ^^
真ん中を考えなくてもいいからでしょうか、外国にいると肩が凝りません^^
さて、そんな私の目標は、ここ1か月以内に、 「このやり方はもう古い」と思う箇所を変えること。
 いわゆる次世代の動きに合わせたいです。
と言うのも、スゥエーデンに来て、便利な物、考え方にたくさん触れています。
その流れに乗ってゆけたら、心身ともに楽だろうな~と思うのです。
 
環境が変われば目標も着眼点も変わる…
 
再スタートにこのタイミングの波にうまく乗って
後半の半年間の目標にチャレンジしていきま~す♪