«

»

第5チャクラからの掲示・苗字を変えました。

みっち(江藤美智子)です。

12月2日私の誕生日には、たくさんのお祝いのメッセージありがとうございました。
48歳度の私をスタートすることが出来ました。皆さんに支えられ生きているんだなとしみじみ感じた誕生日でした。

苗字を変えました。

12月2日を機に、Fecebook やホームページでの苗字を本名の江藤に戻しました。
本来なら、「苗字が変わることになりました」と受動態で表現するのが一般的かと思います。

それは、日本語の背景には、目に見えない大きな力、例えば神とか、宇宙が「私を動かしている」「生かされている」という思想がベースにあると言われているから。

しかし、今回は私の意志を表現する上で、「名前を変えました。」とご報告させていただくことにしました。

心機一転、本名の江藤美智子に変え、新しいスタートを切る決意をしました。移行期間中しばらくは、江藤と稲元の両方の表記で参ります。ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

 

出典:trend-news-sokuhou.com

名前にも言霊がある

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。万葉集や古事記にもその記述があり、言霊思想は、万物に神が宿るとする単なるアニミズム的な思想というだけではなく、心の存り様をも示すものであった。
引用wikipedia

名前を変えようと思い始めたのは、ここ1~2か月。頭の中や目の前にくり返し、本名にまつわる文字や数字が繰り返しやって来ていました。

実生活でも本名を呼ばれる機会が増えて、名前を呼ばれるたび違和感が増してきました。「私は誰だ?」という疑問に近い感覚が風船のように膨らんでいきました。

自分自身を理解できないこと、自分が進むべき方向がわからないことは、ある意味それ自体が健康上の問題です。

誕生日を機に、素に戻ろうという力が働きはじめ、名前を変える決心をしました。第5チャクラのテーマの自己表現に対応した感じです。

名前を変えてからは、気分や思考がすっきりし、「私は私だ。」と答えが出ました。驚いたことに、5年ほど気になっていた体調にすぐ変化が出ました。

●これからも、やって行く事
●これからも、やって行ける事
●これから、やりたい事

●これからは、やれない事

を身体からの声が教えてくれました。
たった漢字2文字が心身に影響をおよぼしていたのです。

恐れを手放す

慣れ親しんだ習慣を手放すことは、恐ろしく、とても勇気のいることです。

リコネクションを受けて丸8年目から、「慣れ親しんだ習慣を手放さなければ、体調が悪化する」という気づきを得ました。身体は人生の履歴書。

気づいたからには、対策を考え、実行するしかありません。丸9年目は、その習慣を手放すため、自分の内側にある恐れと向き合う日々でした。

まず具体的で、表面的な恐れの理由が浮かび上がって来ました。それから徐々に、恐れの核に深く入ってゆき、抽象的な答えが導き出されて来ました。

恐れが何者かわかるまでに時間がかかりましたが、それがわかると自己分析により、対策方法が見えてきました。

自分の経験を抽象的に解釈する方法を知っていれば、避けられない変化が起こっても、覚悟を決めて立ち向かい、受け入れることができるだろう。

変化に逆らって心の傷を増やすのではなく、出来事を違った角度から見て変化を受け入れ、先へ進んでいくことができるのだ。

キャロライン・メイス 第8のチャクラ―聖なる契りが宿る場所 

恐れを見つけるヒント

人生の本当の使命から遠ざかれば遠ざかるほど、いらだち、エネルギーが調和しなくなります。

そして、バランスが崩れれば崩れるほど恐れに基づいた行動をとるようになり、人生ががんじがらめになるのです。

では、どのようにすれば、自分の持つ恐れに気づくことができるようになるのでしょうか?

1.体調を観察する
身体は心や魂と直結しています。例えば、同種療法のホメオパシー的な考え方によると、恐れを感じたら風邪をひくという方程式が成り立つそうです。

心で何かを感じたら、体調を観察し、心をケアしてあげることで、リラックスした状態に導かれ、その結果何に恐れていたかを後に発見できるようになります。

2.感情を観察する
感情は生き物です。喜怒哀楽は個人の価値観に比例しています。自分の持った感情に違和感を感じた場合、「楽しいから良い。」「悲しいから悪い。」という単純な思考から一歩離れ、自分の内側に入り込み、どうしてそんな気分になったのかと振り返ってみると、意外なところに恐れを見つけることができます。

3.チャクラのテーマと照らし合わせてみる
人体には7つのチャクラがあると言われ、各チャクラごとに、病気や人間関係、経済的な問題などを解決に導くテーマがあると言われています。

何かお困りのことがあったら、各チャクラのテーマをチェックしてみることをおすすめします。目からウロコの解決策が見つかるかもしれません。

バランスが取れてからが、本当のスタート

何か変化をもたらしたい問題や課題があり、その対策方法として、リコネクティブ・ヒーリング を受け、バランスがとれた状態になったとします。

私は、バランスが取れたからといって油断してはいけないのだということに気づきました。 それは、バランスのとれた状態はゴールではなく、本来あるべき姿・自分の使命を生きる旅のスタート地点だからです。

自分の使命を生きるのを導くのはリコネクションです。

自分の使命を認識すると、エネルギーを有効に使う人生を送ることができます。自分のエネルギーとうまく調和することができれば、自分がもつ力を最大限にあらわすことができます。でもそれができるのは、意識して自分の望む最終目標に向かって生き続けることです。
 

 身体の声を聴いていますか?

あなたの名前を感じてますか?

■関連記事■
リコネクティブ・ヒーリングとは

リコネクションとは