«

»

金曜日の午後に、ゴディバのチョコレートを食べる

みっちです。

金曜日の午後に、チョコレートを食べると
「ラッキー体質になる」と、何かの雑誌で
読んでから、金曜日が待ち遠しい。

チョコを食べるから、ラッキーなのか?
食べたからラッキーになるのか?
そんなこと、チョコレート好きには
どうでもいい事で。

そんなことを私が信じていると
リコネクションの師匠のエリック・パール
知ったら、リコネクションの哲学に反する!
と、大目玉をくらいそうだけど、

編注:エリックは迷信を信じない。よって、リコネク
ションの哲学は
~を食べると開運するとか、ラッキー
になるとかはありえないと考える。

EP

これ、チョコを食べる「いいわけ」だから。
実は、エリックもチョコが大好きなのだ。

ブラジルのセミナーが終わったときに、
私のファンの方が、ブラジルで有名な
チョコを差し入れてくださり、エリックは
何気にそのチョコの事を話題にした。
私はそれを聞き逃していない。

さて、今日は金曜日。
友達に誘われて、宮崎の山形屋へ
バレンタインのチョコ売り場へ出かけた。
昨年の今頃、新宿の小田急で買い物した
ビターな思い出が蘇り、2度とチョコなんか
買うものか!と宣言したみっちはどこへ
行ってしまったんだろう。

 

asa BAKE COFFEEで、ホワイトチョコ・チーズケーキを食べる。

 

チョコ売り場の笑顔の店員さんたちがみんな、
甘い声で「このチョコは特別ですよ」と
試食を差し出してくれる。
それを受け取り、ちゃんと味見する。
どれも、個性があっておいしい。

でも、宮崎にある唯一のデパートではあるけれど
地方なので、小田急に比べると出店ブランドが
少ない。少ないけれど、絶対あるのが、ゴディバ。

ゴディバのお姉さんは、私と友達に綺麗な紙に
包まれた四角のチョコレートを1枚づつ渡してくれ
た。
私たち二人、金曜日の午後のラッキー体質に
なる儀式は
ここで完結した。

幸せのおすそわけ、今度は誰にリレーしよう?

友達と、みっちの2人のハートを獲たのが
宮崎産のオーガニック食材を使って、宮崎に
住むフィレンツェ出身のイタリア人・リナルドさん
がオーガニック素材で作ったチョコレート。
これは、工場じゃなくて、工房で作られている。

お店の名前は、クッチーナ・リナルド

宮崎のご当地チョコとしてTVでも紹介された
みたい。
宮崎オーガニックフェスティバル
開催も近いことだし、
なにより、売り場で唯
一、製作者が販売してる。彼は、片言の日本
語を使って一生懸命、説明している。

よし!と思い、このお店で買うことにした。

ラッキー体質改善に、金曜日の午後のチョコ
レート。
これが世界に定着したら、毎週金曜
日がバレンタインデー。

そしたら、ゴディバは、カカオ生産者とフェ
アトレードして
くれるようになるのかな。

明日、恵方巻を食べながら、それを願ってみ
ることに
しよう。今年の方位は南南東!