«

»

2016年うお座の新月の異次元体験

みっち(稲元美智子)です。

2016年3月9日10:54にうお座の新月を迎えました。

私は、この時間、海外から帰ってくる友人を出迎えに宮崎ブーゲンビリア空港にいました。

福岡空港発の宮崎空港行きは、悪天候のため30分遅れ。
待ってる間、不思議な感覚に見舞われました。異次元体験しているような不思議な体験はちょくちょくありますが、空港では、2年前、成田空港に大雪のため足止めになった時からすると2回目となる体験でした。

成田2014年2月8日

2014年2月8日大雪の成田空港

空港は異次元のポータル?


2014年2月8日、関東を襲った大雪によって成田空港につながる鉄道も道路も封鎖。陸の孤島と化した成田空港の帰宅難民になった時のこと。一夜を成田空港で過ごすことになり、空港好きの私は、どちらかと言えば冒険のようなわくわく感でくつろげるところを探していました。と、言うのもその日、遠隔リコネクティブ・ヒーリング のオーダーを受けていたから。こんな情態だったので延期したかったのですが、日にちと時間指定だったので決行することに。
やっと場所を見つけ遠隔セッションをスタート。30分経って隣に横になっていた人をふと見るとリコネクティブ・ヒーリング 特有のレジスターが起こっているではありませんか!
*レジスターとは:リコネクティブ・ヒーリング やリコネクションのセッションの最中に手や足がが動き出したり瞼がビクビク動くなど、身体に現れる不随意の動き

その人は、多分中国か韓国の方で、自分に何が起こっているのか知る由もなく、とてもびっくりした様子で飛び起きて、何か言いながら何故か逃げるようにその場を去って行かれました。

その様子を見て、

「今からそう遠くない将来、この新しい周波数帯域に「合わせる」ために、わざわざあなたが僕や誰か他の人に会いに行く必要がなくなるときがやってくるだろう。もうすぐあなたは、劇場やあるいは飛行機やバスの中で、隣に座っている人の運ぶこの新しい周波数に共鳴によって同調するようになるだろう。遺伝子で次世代に伝えることにさえなるだろう。」

エリック・パール著 リコネクション~人を癒し自分を癒す~臨界点より

と言っている事が実現する日も近いのではと思いました。

そして、夜が明けて三鷹の友人宅に向かおうと、電車に乗るための行列に並んでいた時のこと。
ある行列は何百人と並んでいて終わりの見えない行列が2列(A,B)ありました。その隣に、数十人の行列(C)がありました。そのA,Bの行列と、Cの行列は平行に並んでいて、A,B方々は何故Cに並ばないんだろうと不思議に思っていました。私は迷わずCに並び、A,Bに並ぶ人達を見ていたら明らかにA,Bの人達はCという列が見えていないのだなというはっきりした感覚。なぜなら私の後には誰一人ついてくる人がいなかったのです。周りには何百人といるのが見えるのに!!!
私はその時、そこに透明なカーテンのようなものがあるように感じました。時空のカーテンです。

 

宮崎空港でのワープ


 

riconnectionmatariki

昨日の宮崎空港は大雨。視界不良のため出発空港へ引き返すかもしれないとのアナウンスがひっきりなしに流れていました。その時間、うお座の新月を迎え、雲の上の太陽は日食なんだな~と思っていたまさにその時でした。ふらっとぐらっと重力を感じました。私が9年前にリコネクションのセッションを終えた時、感じた地球の引力のようなものに似ていました。それから、宇宙戦艦ヤマトに乗ってワープしたことはないんですけれど、ワープする感じ??ワープした先は、並行次元に存在する私の中の一人になんだけれど。

その後、隣に座っていたはずの子供連れの家族が一瞬にしてどこかへ行ってしまわれていました。

気のせい。きっと気のせい、ですが、不思議なことがあるものです。

インドネシアの航空機が消えた事件。記憶に新しいですが、これは実際あった話。
私の体験は、きっと「脳の錯覚」でも、それにしては面白い現象です。

何年か前に、出張先の延岡のホテルのテーブルの上に突如と現れた麻ひもとシュシュが懐かしい。

 

おはようございます。昨日から延岡に出張中。昨夜、ホテルの部屋のテーブルに突然、家のお風呂場に置いてきたものが現れました。グリーンのシュシュと、無印良品で買った枕カバーを留めてたヒモ!昨日の満月は、時空の扉が開くって噂だったけど、本当だったらしい。今日は、せっかくなので、これで髪をまとめます。

稲元 美智子さんの投稿 2014年7月12日

 

ちなみに、宮崎空港からずっと東に進むとバミューダトライアングルが。西に進むと、イスラエルのシナイ山が同じ緯度上にあるそうです。

Xファイルのテーマソングが頭の中に流れてきたところで、今日の不思議体験のお話はおしまい。


■関連記事■

新月カレンダー2016/2017/2018/