対談/Dr.エリックパール&鳩山幸

リコネクション|Dr.エリックパール&鳩山幸 特別対談

スターピープル37号より

ヒーリングとは愛とワンネス

ご自身もスピリチュアルな体験をなさっている鳩山さんが、エリックと対談したらどんな話になるだろう?そんな興味から始まったこの企画。鳩山さんもエリック氏に興味をもたれたことから、対談が実現した。

この日がエリック氏との初対面となった幸さん。対談の始めに「ここはいつも痛いんです。」と、首の後ろの痛みを訴えると「リコネクティブ・ヒーリング®で良くなるかもしれないから、治療してみる?」とエリック氏。そんなわけで、この日の取材は、エリック氏のセッションからスタートした。

余計なものを取り除けば身体本来の治癒能力が戻る

鳩山 初めてリコネクティブ・ヒーリング®を受けたけど、治ったかもしれないわ。ずっとここ(首の後ろ)がヘビーだったんですけど。

エリック 大丈夫ですか?普通はボーッとするから、こういう取材の最初にはやらないときもあるんですけど。

鳩山 大丈夫、クリアです(笑)。でも、セッションの最中は、目を閉じていてもエリックが何をやったか見えました。ホントに自分が目を閉じているのかな、と思ったくらい。

エリック ウソ(日本語で)(笑)。でも、さっきよりずっとステキになりましたよ。

鳩山 私はいつも背中のことを気にしてましたけど、いまはリラックスしています。自分らしくオープンになった感じです。私、カイロの先生のところに行っても、痛いので「触らないで」って言ってたくらいなんです。

エリック リコネクティブ・ヒーリングRとカイロプラクティックは、けっこう考え方が近いんです。最初のカイロプラクター、DDパーマーは、耳が聞こえない患者さんの首を調整することで耳も治しました。だからカイロは、最初は聴覚系を直す技術だと思われていたんです。でも、聴覚が戻った人もいれば、聴覚を失った人もいる。いろいろな症状のヒーリングが起き始めたんです。そして脳と脳幹と脊髄、すべてが身体の組織につながっていることがわかったんです。細胞は90日かかって再生しますが、ここのコミュニケーションがうまくいっていれば、きちんと再生されるんです。

アメリカの医療体制は、以前よりよくなっています。最近は、医者とカイロプラクターが協力し合っていて、僕がカイロプラクティックをやっているときも、医者と連携しながら、いろいろ学びました。
エリック 神の愛や宇宙の知性からもらった人間の身体に、何かを介入させる必要はないんです。カイロプラクターが余計なものを取り除けば、本来の治癒能力が生まれます。

ちょっと手を開いてください。リコネクティブ・ヒーリングRでは、こうやって(エリックが手をかざす)感じます。ここでエネルギーを超えた光のコミュニケーションが行われるのですが、なぜ光がヒーリングと関係しているんでしょう。

現代科学では、細胞のDNAが測定可能な光を発していることが発見されていますが、病気になると光が弱まり、健康になると光が強くなるんです。光は実際に見えますし、測定も可能です。みなさんもさっき、幸さんのお顔に光が戻ったのを感じましたよね。

結局、肉体は周波数、エネルギー、波動、共鳴を通して癒されていくんです。そして、私たちもこの光のスピードの中で交流すると、何らかのコミュニケーションが起き、そして相手のなかに、「この感覚、覚えてる!」というような声が出てくる。「光の波動って、こういうものだったんだ。もう一度波動を信用してみよう」と思います。そうして自然な光の波動に戻っていくと、光より重いもの、密度が濃いものは、もうしがみつくものがなくなります。そして、それがその人にふさわしければ、そういった密度の濃さ、あるいは病気がなくなっていく。ヒーリングは、それくらい単純なんです。

今日のヒーリングは、あなたにとって素晴らしいものだったと思いますよ。あなたのは昨年の7月から物理的な障害がありました。だから、まず物理的な障害を取り、身体のバランスを整えました。同時に、エネルギー的に光を思い出させました。そして、密度の濃かったものが、すべてなくなった。単純でしょ?

鳩山 身体はそうなっても、人間のマインドにとっては難しいんですよね。

エリック 僕はそうは思いません。それは概念だからです。

ヒーリングとは、愛とワンネスです。そして光、豊かさ、繁栄。人に贈り物を与えるときは、まず自分で受け入れなければなりません。自分を守ったままで、人に愛のギフトはあげられません。

世の中には、エネルギー・ヒーリングを信じない人もいます。でも、そういう人のほうがリコネクションRをまなびやすいんです。恐怖やエゴに満ちた儀式に執着していませんから。エネルギー・ヒーリングをやっている方は、逆にちょっとショックを受ける時があります。笑って、恐怖を認めて、そして恐怖を受け入れて、すこしずつ闇から光のなかに歩いて行く。そして、最初から恐怖とは幻想だったんだということがわかるわけです。

鳩山 今日ここ(首の後ろ)を治して頂きましたので、私の恐怖もなくなりましたわ(笑)ありがとう。
エリック リコネクティブ・ヒーリングRは、エネルギーを超えたところに行きます。だから、問題を探す必要がないんです。結局、症状はどうでもいいんです。治療でもないし、セラピーでもない。

鳩山 自然治癒力を引き出すということですね。

エリック すべてのバランスが取れた状態にもってくるということです。肉体的な問題だけではなく、精神的でも霊的でもいいんです。とにかくすべてのバランスをとって、アンバランスなものすべてをそこから出すこと。でも、たったひとつのアプローチが正しいわけじゃありません。それぞれの医療には、それぞれの役割があります。たとえば高速で走っている車にひかれたら、リコネクティブ・ヒーリングRは受けたくありませんよね。まず救急車に来て貰って、出血を止めてほしいです。感染症だったら、抗生物質をもらったほうがいいですよね。で、抗生物質が効かなかったら、リコネクティブ・ヒーリングRを受けたいです。

2012年、私たちが信じている世界は終わるかも

エリック 僕は自分のスケジュールを知りません。ただネジを巻かれるように、そこに行って話してって言われるだけ(笑)。1年間45週間、ずっと旅行中です。半年間家に帰らない時もあるので、夏服、冬服全部揃えて出かけます。

鳩山 本当に?!

エリック ディナー用に正装も持たなきゃいけないし、ビーチに行くためのリラックスした服も用意しています。結婚式でもバーベキューでも、いつでもいけますよ(笑)。

鳩山 あなたはどこにでも住めるんですね。

エリック はい。私の自宅に住んでいるのは家具だけです。そこには年に2~3回行くだけですが。

鳩山 ところで話は変わりますが、私はディーパック・チョプラと古い友人なんですよ。

エリック 変な話ですが、僕はどうしても彼に顔を覚えてもらえないようで、いつも初めて会ったかのような顔をされます。

鳩山 そうなんですか?

エリック バルセロナで彼が仕切っていた人道主義のイベントに呼ばれたとき、「エリック・パールです。」と名乗ったら、「誰ですか?」って言われたので「あなたが呼んだんじゃないですか!」って言ったんですが(笑)。彼と会うと毎回面白いです。そして、彼のワークは素晴らしいですね。「富と成功をもたらす7つの法則」っていう本は、彼の頂点だと思います。あの小さな冊本に、人生についてのすべてが書かれています。

鳩山 私は20年以上前に、ボストンのアーユルベーダ・クリニックで、彼に初めて会いました。脈を取ってもらったんです。そして、「私はどうですか?」って聞いたら、「あなたは診なくていい、健康体です」って言われたんです。その後、彼の家に呼んでいただき、奥さんと2人のお子さんを紹介してもらいました。先日、日本でもまたお会いしましたが、お孫さんまでいらっしゃるということで、とてもビックリしました。

エリック 量子力学とヒーリングの間の扉を開けたということで、彼はとても大きな役割を果たしましたね。従来の方法以上のものがあるということを、彼がわからせてくれたんですね。私は人類の進歩を誇りに思っていますが、人間というのは、どうしても現在のやり方にしがみついていて、進歩を妨げることもするんです。これは矛盾することですけど、ちょっと面白いですよね。

鳩山 今日はリコネクティブ・ヒーリングRについていろいろ教えていただいて、とても面白い経験をさせていただいています。

エリック ヒーリングとは、単に痛みを乗り越えるためだけのものではないと思います。なぜなら、人はバランスが取れてくると、より意識が高まってくる。そして、意識が高まると、より多次元的な存在になります。私たちが多次元宇宙に気づけば気付くほど、私たちも多次元存在になってきます。人類は次の進化の直前まで来ていると思います。

私は2012年に世界が終わるとは思いません。ただ、私たちが信じている世界は終わるかもしれない。それは素晴らしいことです。2012年12月22日、朝起きて、突然身体が消えているということはないと思います。悲鳴をあげることはないんです。別の理由で悲鳴をあげることはあるかもしれませんが(笑)。

2012年の6年後、12年後を振り返るとき、意識がだいぶ変わったね、進化したね、と思うでしょう。それは、振り返ってわかることかもしれないですね。