■これを行うときに私が感じているのは何ですか?

それはある意味、いかにもそれらしい言葉を使いたくはありませんが、アチューンメントです。そしていったん振動と同調の概念を理解し始めると、このアチューンメントというのが適切な言葉であることを理解します。アチューンメントの効果という意味で考えてみてください。たとえばあなたが色盲で青と赤と黄色の区別がつかないとします。そしてあなたの目に何かが起きて色覚する細胞が働き出したとします。想像できますか?全く新しい知覚の領域が突然目の前に開けるのです。

リコネクティブヒーリングでは同じようなことが起こります。エネルギーの新たな周波数と調和すると、私たちは体の中に変化を感じ始めます。その振動が私たちの内に記録され、私たちの一部になるのです。このような感覚に気づくというのはこの周波数とのワークを学ぶ上で重要なことです。ちょうど画家にとって色を識別できることが重要であるのと同じように。これが必要条件ではないことを覚えておいてください。この能力をとおして伝えられる情報は私たちのスキルを磨き上げるうえで大きな利益ですが、目が見えない画家や耳が聞こえないミュージシャンも存在するのです。フィードバックシステムはそれぞれ独自の方法で、静けさと平安の中から開発されていきます。同調、力と場とのアラインメント、光と情報のコミュニケーションはそのうち自然とあなたに起こるでしょう。

Posted in: よくある質問