■本当に私もリコネクティブ・ヒーリング®ができるようになりますか?

リコネクティブヒーリングのセミナーに参加したほとんどの人がヒーリング能力が劇的に向上するのは言葉では言い表せません。
しかし中には前進することを恐れて以前に使っていたテクニックを続けたり、それらをリコネクティブヒーリングと組み合わせたりしている人がいて、そのような方法ではあまり進歩がない場合もあります。

■このような純粋なエネルギーにアクセスできない人が中にはいるということですか?もしそうなら、私がそれに当てはまるのではないでしょうか?私は初心者ですから…

それは素晴らしい質問です。その質問の答えはエリック・パール著 リコネクション~人を癒し自分を癒す~文中の1節にあります。

すべての人がこれらの周波数を伝えヒーラーになる能力を持っているのかと人々はよく私にたずねます。
私の答えは「はい!すべての人にできますが、目が見えていないだけです。
目を開ける勇気のある人は少数です・・・そして目を開けた人は、目に見えたものによって盲目になってしまうことが多いのです

セミナーで1度このワークを学んだ人は誰でもこのワークをすることができます。ただ、何人かの人にとっては目の前でヒーリングが視覚的に起こっていても、実際にこのようなことができると信じられない人もいます。

またある人は多ければ多いほど良いという考えにとらわれて、結果的に薄めていることに気づかずにほかの事を「加える」のです。
それはちょうど良い濃さのコーヒーに1カップの水を加えたら、水っぽいコーヒーになるのと同じことです。
そしてさらに3番目のグループはこのヒーリングに個人的な印をつけることでより良くしようとする人々です。
(例えばこれはレイキに起きたようなことです。現在では純粋な本来のレイキを見つけるのが難しくなっています。多くの人々が様々なことを実践し、彼らは独自の「テクニック」に独自の所有権を主張しています。)
この3番目のグループは自分に自信がなく、このプロセスに畏敬の念をもって立ち会うことを許された栄誉に気づくことができずに、このプロセスの一部になることに報いを見出せない人です。
ですから彼らはこのプロセスに「飾りつけ」をし、プロセスと結果を自分のもののように主張します。「これは私のやり方です。このほうがより効果的です」と言うために。
これは私に言わせれば「ユリに金箔をかぶせる(余計な飾りで本来の美をそこなう)」と言ったようなもので、宇宙の完全性をより完全にしようとしているようなものです。

リコネクティブ・ヒーリングは宇宙との完璧な調和の中から生まれます。しかし、3番目のグループのような人々は完璧なものをより完璧にしようとすることによって、そもそもそこにある完璧さを見出すことができないよい例で、視界を失っています。
これらのグループのどんな人にも何の問題もありません。そして多くの人々はこれら3つの組み合わせに含まれます。このようなグループに陥る人々は単に彼ら自身の快適ゾーンから感情的に抜け出すことができず、また抜け出す意志ももっていないだけなのです

このようなことがあなたに当てはまらない理由があるか?たくさんの理由があります。それは多くの人々が最高のレベルでこのヒーリングをもたらすことができるのと同じ理由です。
まず始めに、初心者であるあなたには手放すべき荷物がほとんどありません。私たちは自分が抱えている荷物に安全と安心の感覚を持っています。時間とお金を使って蓄えたものを手放すことへの恐れもあります。
このような感覚は通常、それまでの歩みはここにたどり着くための道だったということに気づかずに過ちを犯してしまったかのように思うことが原因です。次のステップに進むためにはそれまでのステップから一歩足を持ち上げることが必要です。そしてもし向上し続けたいなら、それまでのステップに置かれたもう一方の足も持ち上げる必要があるのです。同じステップの上で足踏みを何度繰り返しても、いかにそれが素晴らしいステップであっても、あなたが前進することはありません。あなたが深く愛するステップ?あなたが何千ドルもかけて習得した特別な東洋のヒーリング・テクニックや、またはここアメリカや他の国々で教えられているその他の無数の素晴らしいテクニックなどを見つめ、祝福し、感謝し、別れを告げるにはかなりの勇気が必要です。そのためにはひとつのステップの意図的な機能とは、ひとつのステップに過ぎないことに気づくことが重要です。それは終点ではなく、むしろあなたにとっての前進のひとつです。ニューエイジのヒーリング・テクニックを教え込まれていないあなたにとっては、このような荷物を持っていないのですから荷物を投げ捨てることに苦しむ必要がないのです。

なぜ子供たちの目には真実を見ることができると思いますか?
子供たちは私たちが蓄える荷物や資本を持たずにこの世に生まれてくるからです。ところが経験豊富なヒーラーほど手放すことを実行しない人がほとんどです。
より進化したものはこのプロセスを理解して、期待と興奮をもってこの新たなレベルに進みます。あなたにできますか?もちろんできます。他の人々にもできますか?もちろんできます。いつするかというのが問題です。「目を開ける勇気のある人は少数です・・・そして目を開ける人は、目に見えるものによって盲目になってしまうことが多いのです。」あなたは大丈夫です。

Posted in: よくある質問