«

»

牡牛座のスーパームーンと「魂」が満足する生き方を加速させる方法

みっち(美智子)です。

出典:Wikimedia Commons

出典:Wikimedia Commons

 

宮崎のスーパームーン


急に冷え込んできましたね。秋から冬に変わるとき、そして黄昏時は暖かさが恋しくなります。

そして、今日はスーパームーン。68年ぶりだというのに、宮崎県の都城地方はあいにくの雨でした。

巷では、今回のスーパームーンはとても強力で、体調に変化が…等の情報が飛び交っていますね。それだからか、私は珍しく、朝10時までぐっすり。うっかり寝ぼうしてしまい…10時半から予定があったのに!

今日という日ほど、「実は…私は超迅速に行動ができるのだ」ということを自覚できた日はなかったです。(笑)

最近の日課


今年の夏から、天気のいい日は、バルコニーに座り、コーヒーを片手に朝の大気の音を聞くのが日課になりました。世界中どこにいても、朝の大気の音を聞くのが大好きです。

8月~9月は、朝の4時過ぎに何故かぴたっと目が覚めるので、バルコニーに行って南の空を見上げると、オリオンがプレアデス星団を追いかけているのが見えていました。

最近は朝が冷えて来たので、なかなかベッドの中から起きれず、太陽が出てぽかぽか小春日和の暖かい朝は、部屋の中でサンキャッチャーの作る虹を見ながら、

「今日も目が覚めた、ありがとう。」って宇宙に向かって言います。2013年の冬に、ハートチャクラの辺りが、ゆで卵を丸呑みしたみたいに痛くなって、病院へ検査に行きました。

担当してくださった循環器のDr.は、「あなたみたいな綺麗な心電図は生まれて初めて見ました。安心してください。」としげしげとデータを見ておられました。

その時と同じ痛みがこの10月に2回もやってきたんです。ビビりの私、毎朝目が覚めると、
「ああ、今日も生きてる!」と、感謝に浸るわけです。

出典:Gettyimage

出典:Getty image

スーパームーンからのプレゼント


今日は、沖縄のヒーラーさんと出会いました。宇宙が連れて来てくれたとしか思えないこの出会い。リコネクションに携わっていると、様々な出会いが用意されます。

リコネクションに携わっていなくても、もちろん出会いはありますよ。

でもね、私しかわからない感覚が、「この出逢いと出会いの時は宇宙が用意してくれたんだよ」とささやくのです。リコネクションする前までは、なかった感覚です。

そのヒーラーさんは、私を癒してくれました。いつも癒す方の役回りだと自分が緩んでいないのになかなか気づけないみたい。

その癒しは、私の心の中の涙のつぶをあふれさせて、私の両目は、たくさん、たくさん、涙を生みました。

「魂」の現実


現在の世界の人口は約73億人です。その一人ひとり、全く違う指紋を持っています。人の価値観も指紋と同じで、一人ひとり、全く同じという人はいません。
ですから、「魂」が満足する生き方のイメージは誰一人として同じものはありません。

しかし、4次元の制限された空間にいると、「魂」が望むことを実行するより、「人生とは、苦悩がつきもので、幸せは苦しみと、犠牲で買えるものだ。」と考えそのように行動するように親や、社会から刷り込みされます。

その、各人の持つ「魂」が、満たされ、活性化し、人生が楽しいものであるとわかり、感謝の気持ちで平和に暮らすことができるようになるには、どのような方法があるでしょうか?

「魂」が満足する生き方を加速させる方法


私の人生を変えたもの。そして、これからも変わってゆくもの。それはリコネクティブ周波数との共鳴です。この周波数を使ったワークはリコネクションリコネクティブ・ヒーリング という2つのメニューがあります。

私の立場上、(リコネクションのメンターや、TAをしていると)各方面から、セッションを受けたその後、いまいち効果がわからない。変化なしの状態が続いているのだけど、どうしたらいいですか?と質問が寄せられます。

そこで、エリックから教わった「変化をキャッチする方法」をお伝えしようと思います。

出典: YouTube

出典: YouTube

毎日の気づきを綴ることの大切さ


何日か前のある暖かい朝、久しぶりにバルコニーに座り、コーヒーを飲んでいるときにふと、吉田兼好の徒然草の序文が頭に浮かんできました。

[古文]
つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

[現代語訳]
手持ち無沙汰にやることもなく一日を過ごし、硯(すずり)に向かって心に浮かんでくる取りとめも無いことを、特に定まったこともなく書いていると、妙に馬鹿馬鹿しい気持ちになるものだ。

兼好さんは、日々の出来事を書くのは馬鹿馬鹿しいことだと謙遜していらっしゃいますが、私は、自分を知るアクションとして有効なことと思います。

エリック・パールが勧める、変化をキャッチする方法


リコネクションや、リコネクティブ・ヒーリング のセッションをお受けになられたら

●毎日の気づき
●直観的にひらめいたこと
●趣味や嗜好などが変わったこと
●気になり始めたこと
●口癖
●周りの人間関係の変化(良いも悪いも)
●よく見かけるようになった単語や数字や色
●シンクロしたこと
●その他、気になること

など、メモを取っておくのをお勧めします。すぐ忘れてしまいますから。

大切なのは、まず自分に注意を向けておくこと。それができるようになったら、だんだん身の回りに注意を向けて行くようにします。

寝る前は、今日の自分ではなく、明日、目が覚めたときに、どんな自分になっていたいかを考えながら眠ると、眠りに落ちる寸前にひらめきが降りてくる場合があります。

閃きはどんな時にやって来る?


ひらめきは、リラックスした時にやって来ます。
リラックスできる時とは

●独りで静かにゆっくり好きな場所で過ごす時
●安心できる人と一緒にいる時
●お風呂
●お手洗い
●車の中など

一人の空間にいられる時です。

家族との兼ね合いや、何らかの事情で独りになれる空間や時間がとれない場合は、1日5分でもいいので、自分で工夫して独りになれる空間と時間を作ってみましょう。

そして、やって来たひらめきは、

●手帳
●スマホのメモ機能
●ボイスメモに録音

など、記録してみましょう。

最初は、メモしたことの意味が繋がらずわけがわからなくても、しばらく経つと繋がって来るものです。

リコネクションで人生が加速する究極の方法


 クライアントさんからよくある質問
Q:どうすればリコネクションやリコネクティブ・ヒーリング の効果をいち早く実感することができますか?」

私が導き出した答えは、

本音を言う」事。

これは、私がリコネクションを受けてちょうど1年目に気づいた方法です。

背景は語らず、一言、その時感じた本音を発言すれば、うまく事が回るようになります。言い換えると、いい感じにエネルギーが回るようになります。

本音を言った後は、そこに立ち止まらず、首も突っ込まず、第三者的に、遠くからそれを眺めること。これが大事。

そうすると、「問題は何もかも自分で解決しなければならないのだ」という呪縛から、逃れられるんだと認識できる現象が目の前に現れてきます。

それに気がついた時が、いわゆる自分が持っている「古い信念」という名の玉ねぎの皮を1枚はぎ取ることができたということになります。たった1枚の皮でも、随分心と身体が軽くなったと感じることができますよ。

「そんな人間関係が悪化するようなこと、言えるわけないわ!」と考えているあなた、安心してください。本音が言える絶妙なシチュエーションを宇宙が用意してくれます。

まずは、試しにやってみてください。

出典:kenfolios.com

出典:kenfolios.com

宇宙と友達になってみる


ある人が、アインシュタインに、「人類にとって一番大切な質問はなんですか?」と聞きました。

すると、アインシュタインは、「宇宙はフレンドリーであるか?」と答えました。

宇宙と仲良くすること。宇宙を信頼すること。宇宙にゆだねること。これが最低限の努力で「魂」の純粋な願望が叶う一つの法則です。

あなたは、宇宙と仲良くなりたいですか?

 

■関連記事■
さよならチャイ君


 

コメントを残す